ビルメンヒューマンフェアに出展しました

【我々が展示会に出る理由】

我々の仕事は非常にニッチで、再生・修復なため,あまり表にでない

仕事です。そのため交換廃棄せずに、酸焼けや傷やあきらめていた

うろこ汚れなどが取れることをアピールする必要があることに気づ

き、知名度UPと技術の紹介、アカデミーの発信などから出展いたし

ました。



また、展示会に出て気づいたことが、当社がアカデミーで最初の基礎の

基礎に設定している「うろこ汚れ除去」でお困りである現実もよくわか

りました。また、ビルメン業界では酸焼けや傷、溶接焼け、フィルム施

工業界ではカッターナイフの刃で強化ガラスに傷をつけてしまうなど、結

構トラブルがおきていることもわかりました。



【我々の使命とは】

我々はまず、業界の方々に「再生・修復」が可能であることと我々には

それが可能であることをお知らせし、自社でその技術を持つことができ

たり、ビジネスとして起業できるアカデミーがあることをお伝えするこ

とだと思います。

【業界特有のメンタリティ】

今回の展示会ではよく「〇〇県にはあるの?」「エリアって決まってるの?」

など聞かれました。当社の技術は都市やエリアを選びません。当社へのお問

合わせは全国からです。同じアカデミーを卒業した仲間は助け合う同士のよ

うなものです。

 

【展示会を眺めてみて】

業界向けの展示会はメーカーや卸業者の方々が多く、現場のノウハウや技術につい

てはイマイチのようです。その結果、みなさん同じものを買って同じように失敗し

て同じような見解「うろこは取れない」「傷は消えない」をもってしまうようです。



 

我々は、その技術をお客様とアカデミーの生徒さんにご提供しています。

HI-LINE22株式会社 東京営業所 03-6666-8016
ガラスリニューアル&リノベーションなどガラスのメンテナンスコストダウンから、ガラスの省エネ提案、ガラスのトータルアドバイザーやガラスの修復師など、弊社にはたくさんのスペシャリストガラスの存在します。
どうして落ちない汚れやガラスの傷があるときには是非、ご遠慮なくいつでもお問い合わせください。
GRS Glass Renewal Serviceは、建物のガラスや車や船舶のガラス何でもお任せ下さい!
再生研磨をもっと知りたい方→http://seiseikenma.jimdo.com/
①【HI-LINE22株式会社】→http://hi-line22.blogdehp.ne.jp/
②【日本一失敗したガラス再生研究所】→http://glassrenovation.net/
③【GRS Glass Renewal Service】→http://seiseikenma.jimdo.com/
④【Glassアカデミー】http://glassacad.com
⑤(GlassRenewalSevice)→http://11glass.com/
⑤【ガラスリニューアル総合研究所】→http://glassrenewal.jimdo.com/
大きな施設なガラスのウロコ(鱗状痕)除去やガラスの問題解決なら
GRS Glass Renewal Serviceへお任せください。
ガラスのリペアやガラスの傷消し、ガラス省エネ対策からコンサルティングまで
その他ガラスの光触媒コーティング・クリアーシールド・フィルム施工まで
ワンストップサービス出来るのはGRS Glass Renewal Service
ガラスの欠けを修理・補修・リペアで再生
コンサル企業内プロ養成講座
 

 

関連記事はこちら

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
ログイン