動物園・水族館の方必見 動物のつけた傷や汚れを取ります

【動物園や水族館の悩みのひとつ】

動物園や水族館の方のお悩みのひとつに展示ブースのガラスやアクリルの

傷や汚れがあります。塩分やメンテナンスでかける水のミネラル分などで

水垢がうろこ汚れ化してしまったり、動物がつけた傷で表面が曇ってしま

っていますよね。



ごらんのとおり向こう側がはっきり見えません。無理して、ダイヤモンドパッドでこ

すると傷になって本末転倒だし、化学薬品では動物への影響が心配だしで放置しかな

くなり結局打つ手がなくなているのが現状だと思います。

 

【本当はどこまできれいになるのか?】

当社では、動物に影響が及ぶことなくうろこ汚れをとり、再生研磨で元に戻すことが

できます。



写真右側がビフォーで、左側がアフターです。特殊洗浄液でここまでになります。

加えて研磨を行うと下のようになります。

 

【最終兵器の研磨】



以降のお手入れで維持できるようにご指導いたしますし、汚れにくくしたり

様々な「当社のひきだし」を開けてみてください。

 

 

HI-LINE22株式会社 東京営業所 03-6666-8016
ガラスリニューアル&リノベーションなどガラスのメンテナンスコストダウンから、ガラスの省エネ提案、ガラスのトータルアドバイザーやガラスの修復師など、弊社にはたくさんのスペシャリストガラスの存在します。
どうして落ちない汚れやガラスの傷があるときには是非、ご遠慮なくいつでもお問い合わせください。
GRS Glass Renewal Serviceは、建物のガラスや車や船舶のガラス何でもお任せ下さい!
再生研磨をもっと知りたい方→http://seiseikenma.jimdo.com/
①【HI-LINE22株式会社】→http://hi-line22.blogdehp.ne.jp/
②【日本一失敗したガラス再生研究所】→http://glassrenovation.net/
③【GRS Glass Renewal Service】→http://seiseikenma.jimdo.com/
④【Glassアカデミー】http://glassacad.com
⑤(GlassRenewalSevice)→http://11glass.com/
⑤【ガラスリニューアル総合研究所】→http://glassrenewal.jimdo.com/
大きな施設なガラスのウロコ(鱗状痕)除去やガラスの問題解決なら
GRS Glass Renewal Serviceへお任せください。
ガラスのリペアやガラスの傷消し、ガラス省エネ対策からコンサルティングまで
その他ガラスの光触媒コーティング・クリアーシールド・フィルム施工まで
ワンストップサービス出来るのはGRS Glass Renewal Service
ガラスの欠けを修理・補修・リペアで再生
コンサル企業内プロ養成講座
 

 

 

 

 

関連記事はこちら

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
ログイン