雨の日は歩く人も車椅子の方も

【滑りやすいという事実】

コンビニやデパートや様々な店舗で、エントランスが

タイルだったりスロープだったりして、雨の日などは

うっかり滑りそうになりますよね。特にスロープは

車椅子の方にも「想定される事故」にスロープや段差

雨天時のスリップなどが上がっています。



そのような場所では、全ての方が転倒しないように

できうる防滑処置を施して置くべきではないでしょう

か?



 

防滑施工のことなら当社にお任せください

HI-LINE22株式会社 東京営業所 03-6666-8016

ガラスリニューアル&リノベーションなどガラスのメンテナンスコストダウンから、ガラスの省エネ提案、ガラスのトータルアドバイザーやガラスの修復師など、弊社にはたくさんのスペシャリストガラスの存在します。
どうして落ちない汚れやガラスの傷があるときには是非、ご遠慮なくいつでもお問い合わせください。
GRS Glass Renewal Serviceは、建物のガラスや車や船舶のガラス何でもお任せ下さい!
再生研磨をもっと知りたい方→http://seiseikenma.jimdo.com/
①【HI-LINE22株式会社】→http://hi-line22.blogdehp.ne.jp/
②【日本一失敗したガラス再生研究所】→http://glassrenovation.net/
③【GRS Glass Renewal Service】→http://seiseikenma.jimdo.com/
④【Glassアカデミー】http://glassacad.com
⑤(GlassRenewalSevice)→http://11glass.com/
⑤【ガラスリニューアル総合研究所】→http://glassrenewal.jimdo.com/
大きな施設なガラスのウロコ(鱗状痕)除去やガラスの問題解決なら
GRS Glass Renewal Serviceへお任せください。
ガラスのリペアやガラスの傷消し、ガラス省エネ対策からコンサルティングまで
その他ガラスの光触媒コーティング・クリアーシールド・フィルム施工まで
ワンストップサービス出来るのはGRS Glass Renewal Service
ガラスの欠けを修理・補修・リペアで再生
コンサル企業内プロ養成講座
 

 

関連記事はこちら

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
ログイン