Glassアカデミー&ガラスリニューアルサービス

ガラス ハマ欠け修理や・ガラス傷消し・ガラスリニューアル・アクリル・ポリカの傷消し再生研磨はGlass Renewal Serviceにお任せください。

ここへプロフィール等を記載します。

  • Facebook
  • Twitter

車のフロントガラスのお悩みベスト3



 

 

1.水垢(ウォータースポット)が落ちない。



・フロントガラスに水垢(ウォータースポット)が固着してしまい
磨いてもなかなか落ちない。
・業者さんに相談しても対応できないと言われた。
・自分で磨いたら傷をつけてしまった。
・ケミカルを使用したら水垢は落ちたが白くなった。

 

2.ワイパー傷が消えない



・フロントガラスについたワイパー傷がとれずに
運転中にギラギラして疲れる。
・夜間走行で運転しにくい。
・プロにお願いしたら断られた。
・ガラス交換しかないと言われたが予算がない。

 

 

3.良いコーティングがない



・ディーラーに勧められた安いコーティングをしたが
2~3ヵ月ですぐに汚れた。
・フロントガラスに虫がつき、ワイパーでは落ちない。
・市販のコーティングを自分で塗ったが効果がわからない。
・雨の日の運転で視界が悪い

 

 

リニューアル&リノベーションですべて解決します





GRS=Glass Renewal Serviceが磨くとこんなにスッキリ!!



どんなに頑固な水垢でも、薬品で白くなったガラス
磨けば100%綺麗な状態に戻すことができます。
しかし
ガラスの汚れを落とし、新品同様の状態に戻しても
すぐに汚れたら意味がありません。
そこでリノベーション
ガラスを“完全改質”する
『GRS プロテクトコーティング』がオススメです。
普通のコーティングとは違い、
汚れにくいガラスに変身させる
           “完全改質”
撥水効果も魅力ですが、最大の特徴は
汚れが付きにくく落ちやすい
しかも
定期的にメンテナンスすれば
 
効果は半永久的に持続します。
・温泉施設のウロコ再付着対策
・船の塩害、ウロコ対策
・自動車、バスの汚れ防止対策
・メンテナンスコストの削減
に最適です。

窓ガラスの遮熱コーティングが注目されています



窓ガラス用フィルムの2倍以上の耐久性があり、表面に傷もつきにくいことから
窓用コーティングのニーズが増えてきています。

しかし、塗り斑がひどかったり、視界が歪んで見えたり、
メーカーによってさまざまなトラブルを抱えているようです。

窓の遮熱コーティングに求められることは

1、遮熱(熱をカットする)性能

2、見た目の仕上がりの良さ

3、耐久性

といった感じでしょうか。

 

遮熱コーティング業界の施工トラブル

最近よく耳にするのが、、、

遮熱コーティングをお願いしたけれども、

何回も失敗して綺麗な仕上がりにならないばかりか、

やり直しで剥がすたびにガラスに無数の傷がついている

といったお話です。

遮熱コーティングを検討する際は、まず、

赤外線を何%カットするのか?
紫外線を何%カットするのか?
剥離剤はあるのか?
耐久性は何年か?保証は何年か?

などを確認する必要があります。

コーティング自体は素晴らしいものでも、
メーカーや施工業者を間違うととんでもないことになります。

 

GRSがお勧めする窓用の遮熱コーティングは・・・?

最も施工しやすく透明で遮熱性能が高い

そんな魔法のような完璧なコーティングは存在しませんが、

業界でトップシェア(70%)を誇る
「省エネガラスコートシリーズ」は

ローラーで塗りやすく
紫外線カット99%以上
赤外線カット90%以上
10年保証(耐久性15年以上)
結露50%抑制
専用剥離剤で原状回復も簡単

といった特長があります。



水溶性の切削水がかかり、ポリカーボネート製の
覗き窓に傷がついて曇ってしまう。

 



この覗き窓は通常、限界まで使用してから交換するのが
一般的ですが、HI-LINE22株式会社のポリカーボネート
リニューアル&リノベーションシステムでは交換をしないで
研磨して再利用



 



 



ただ磨くだけの時代は終わり!!

これからは環境にも配慮した
クリーンエアーシステム

粉塵を極力ださないスクラッチスタイル
ものを削るときどうして粉塵が
出てしますいますが、Glass アカデミーでは
その粉塵を吸い取りながら研磨する
専用のバキュームを使用しることで

部屋の中でも作業が出来るように
なりました。

Hepaフィルターを採用することで
さらにクリーンな環境での作業を実現!!



磨きと言えば代表的な車の磨きがありますが
Glass アカデミーでは、磨きの中でもかなり
難しいガラスに特化した再生研磨が得意です。

 

透明なものを透明にする技術

ガラスやアクリル、ポリカーボなど
透明なものを透明にする事ができます。


ゴルフートのスクーリーンやショーケース
バイクのシールドやヘルメットなど
身の回りにもあるアクリル製品をきれいに
ピカピカに磨けるようになり新たな
ビジネスチャンスです。

 


リニューアル&リノベーション



磨いた後は汚れ防止や傷防止のコーティングや
特殊フィルムでリノベーションできますね!

 

 

続きを読む »

建築業界では、かなり知られてきている
GlassRenewalSeviceですが、車業界では
ほとんどど知られていませんね!!



 

なるべく車業界からは遠ざかって営業をしていましたからね(笑)
車の磨きを20年前に始めていろいろな経験をさせて頂きました。



車の車種やグレードによってドライバーの層が全く違います。
車の客層により求める品質も違います。

車を購入するときの価格が違うように
本来、その車を維持するための維持費も違います。

 



 

アフターサービスでは車の車種に関係なく時間費用で
計上される為にどこかのラインで高いと感じてしまい
一般に受け入れられない事がわかりました。

 

中古車で30万円で購入したお客様が
フロントガラスに傷消しに3万円は払わないと思います。
その後のコーティングでプラス2万円ですと言っても
まったく必要のないものになります。

車の価格設定になやみ、車業界から遠ざかっっていました。

今年はから、新しい考えターゲットを絞り込み
車業界に参入させて頂きます。

 

 



 

 



 

車のガラス研磨から車のコーティングの相談が増えてきました。
これは、今までの流れからいっても当たり前の結果だと思います。

1つの案件(相談)をクリアーする事で信頼されてクライアントが
心を開き現在の心境を打ち明かす。

今一番困っていることを相談する
その問題を解決する→さらに気になっている所を相談される。

実は・・・・○○○なんですけど・・・?

車の油膜→ウォータースポット→ワイパー傷→フロントガラス汚れ防止対策
車のメッキ部汚れ→車のボディー汚れ→車のコーティング・・・
車のウインドウリペア→フロントガラス汚れ防止など

カーディティリング業者様が苦手な部分や不得意な部分などを
GRSではカバーしています。

特に、ガラスの問題は安全左右する大きな問題です!!
Glass アカデミーでは、2017年からカーディティリング講座を
もっと普及していきたいと思います。


 

 

 

ポリカーボネートって?

アクリル・ポリカーボネートなどの樹脂素材は、透明で軽くて耐衝撃性に優れていることから、用途に応じて、遮音壁、自動車ヘッドライトや、建材として使用されてきました。

アクリル・ポリカーボネート素材が広く使用されるようになってから数十年、現在も樹脂素材を使用した製品や建築物が増えていますが、その劣化の報告が年々増えてきております。

ポリカの弱点

劣化現象の要因は様々で、「アルコール溶剤を使用した白濁」や

「傷による乱反射」「紫外線による黄ばみ」などの症状が現れます。







 

劣化した樹脂素材は、再生研磨技術によって新品同様に蘇ることをご存知でしょうか?



 

新品に交換すれば綺麗な状態となりますが、交換には高額な費用が発生するだけでなく、

ゴミを増やしてしまいます。

リニューアル&リノベーション

【工程1】

表面の汚れを専用のクリーナーで除去し、白濁・黄変・傷の深さをチェックします。

【工程2】

傷の深さに応じて、数種類のペーパーで研磨します。この時、表面は傷で真っ白になります。

【工程3】

ペーパーでつけた傷をスポンジペーパーの番手を調整しながらで消していきます。

【工程4】

コンパウンドの種類と番手、バフの種類や番手を調整しながら透明に戻していきます。

 

リニューアル=再生研磨で新品同様のピカピカの状態に戻します。

この状態のままだと、ポリカーボネート素材がむき出しになっているため、

傷に弱い、紫外線で劣化しやすい状態です。

そこでリノベーションフィルム

傷がついても元に戻る「プロテクションフィルム」

汚れが付きにくくなる「防汚フィルム」

UVカット付きの「ハードコーティング」

など、状況に合わせてご提案致します。

 

磨きの技術習得をご希望の方は、

GLASSアカデミーまで

ガラス、アクリル、ポリカ、ステンレス、石、木などのあらゆる素材を磨く

国内唯一の総合スクールです。

感動技術エバンジェリスト(職業)
ガラスソムリエです(セルフブランディング)



ハウスクリーニングやビルメンテンナンス
プロが諦めてしまったり、プロでも難しいと
言われるガラスのウロコ(鱗状痕)正しい
落とし方や清掃方法を教えています。

 



日本全国の温泉・ホテル・ゴルフ場などの
大浴場から見える壮大な景色!
ガラスのウロコで見えなくて困っている問題を
解決してその経験をもとに技術開発しています。

 



その技術をGlass アカデミーと言う国内で唯一の
ガラス再生スクールとして立ち上げ現在は総合再生
スクールとして「交換は最後の手段」をコンセプトに
新しい技術を普及しています。



 

今まで諦めていた、誰に頼んでも落ちない汚れの
問題を解決できると目の前のお客様が感動してくれて
笑顔になります。

 



ガラスを交換しないからゴミ(産業廃棄物)が出ない
だから処分費もゴミを運搬するときの排気ガスも燃焼時
にでるCo2も出ないからとってもECOなんです。

この事実を、99%諦めている人たちに教えて知って
頂くことが感動技術エバジェリストとしての役割だと
思っています。



『次の世代に残す確かな技術』

小さなことをコツコツと初めて大きく育てよう!

1 / 3812345...102030...最後 »
ログイン